地方大理系博士のブログ

書きたい事を書きます。飽きずに続いたら何か考えます

【大塚製薬・大日本住友】内資製薬を重点領域・パイプラインで比べる

【大塚製薬・大日本住友】内資製薬を重点領域・パイプラインで比べる

※2020年4月16日更新

 

こんにちはミヅキです

 

『内資製薬を重点領域・パイプラインで比べる』

第三弾です

 

今回は

大塚製薬

大日本住友製薬

についてまとめていきます

 

これまでに

武田薬品工業アステラス製薬

www.mizuki-pharma.com

第一三共エーザイ 

www.mizuki-pharma.com

 

について、

自分なりの視点で、

情報を集めて、

まとめてきました。

 

というか、

就活中にノートにまとめてた物に

最近の情報を追加してアップしてます。

 

例のごとく、

詳しくまとめられている方も、

たっくさんいるので、

僕の記事は自分の感想増し増しです。

 

※本記事は、製薬会社の研究職を志望する博士学生の視点で、重点領域なり、パイプラインなりをまとめたものにます。

 

それではいきましょう!

 

 

目次

 

 

1.大塚製薬

 

大塚HDの一社という位置付けの大塚製薬になります。

製薬大手各社、関東や大阪に研究所を構える中、

徳島にメインの研究所を構えており、

学生集める気あるのか??

という立地になってます。

 

まあ、本当に行きたい会社であれば、

そこまで気にしないのかもしれませんが、

 

エビリファイで急成長をしていましたが、

その後の特許切れをカバーできず、一時低迷

 

現在はレキサルティー、サムスカなどの

主力製品で持ち直してきている会社です。

 

会社が公表している

重点領域としては、

 

  • 中枢神経
  • がん
  • 循環器・腎
  • その他(結核・眼科等)

 

となっています。

大塚製薬のイメージというと、

抗精神薬で、

 

がんとか、

循環器とかは

あまりイメージにないのですが

がんは大鵬薬品ではないのか??

 

なんかそこそこありました。

 

 

・中枢神経領域

 

まず中枢神経領域に関して、

主要製品を調べてみますと、

 

等々、

たくさん出てきました。

さすがです。

 

エビリファイなんて、

低分子で特許が切れてるにも関わらず、

剤形の変化で売り上げを一定量維持しており、

製剤研究の方々が非常に強いのが、

チラチラと感じられます。

 

あと、抗精神薬領域では、

業界を常にリードしてきたような話が紹介されてまして、

 

  • Dopamine system stabilizer(DSS)
  • Serotonin Dopamine activity modulatorr(SDAM)

 

といった

作用機序の医薬品を他者に先んじて、

承認まで漕ぎ着けているようです。

 

この領域でポイントとなる創薬標的の、

D2R、5HT2aR、SERTなど、

この辺りの標的に関しては、

研究が内部で相当進んでいるもの

と考えられます。

 

その研究成果を生かして

パーキンソン病などの疾患にも、

適応する医薬品をサルベージ

してきているあたり、

やっぱ現場の人間すごいなあ、、

って感じです。

 

しかも

パイプラインを見ると、

 

  • レキサルティの適応拡大
  • OPC-64005(大うつ病
  • AVP-786(アジテーションなど)
  • EB-1020(多動性障害)
  • フレマネズマブ(偏頭痛)

 

有望そうなものがずらりです。

特にレキサルティの適応拡大が、

現在でも6-7個並んで進んでます。

 

市場規模的にいうと、

アジテーションや偏頭痛が期待大でしょうか

 

www.otsuka.co.jp 大塚製薬HPより

 

個人的にポイントとして挙げたいのが、

OPC-64005、AVO-786、EB-1020

の3品で、

  • norepinephrine、
  • dopamine、
  • serotonin

といった神経伝達物質

再取り込みを阻害している候補品になります。

つまり輸送体に対して作用する薬剤です。

 

これまでの、

D2Rであったり5HT2aRだったり、

受容体に対して作用する薬剤で培った

ノウハウなり、技術知識なりが、

しっかり活かせるアプローチです。

 

いやあ、無駄がない。

 

 

・がん領域

 

がん領域に関してですが、

主要製品としては、

 

  • アイクルシグ(白血病治療)
  • ダコジェン(白血病治療)
  • ブルスフェクス(移植前治療)

 

となっており、

一応あって、

んん???ってなったんですけど、

どれも自社創生ではなく導入品でした。

 

ちょっと詳しく分からなかったんですけど、

エーザイの関連会社??から買ってるっぽいです。

 

パイプラインを見ても

 

  • SGI-110
  • ASTX727

は、その時一緒に買い取ったやつで、

自社創生の物はないのかな??

 

って思ったのですが、

自社創出で経口の抗がん剤も存在しており、

色々と謎です

 

抗がん剤のアプローチとしては

 

 

みんな導入品or子会社の創出ですけど、

かなり多岐に渡ってます。

 

大きいところはどこも、

腫瘍溶解性ウイルス、遺伝子治療

入ってきてますね。

 

ただ、この会社の研究職になって

抗がん剤の研究ができるかといったら不明ですね

 

 

・循環器・腎領域、その他

 

循環器・腎領域に関しては完全に

ですね。

 

V2Rの拮抗薬で、

腎症の治療薬です。

 

これに関しては、

完全に中枢領域研究の副産物でしょう

 

パイプラインを見ると

 

  • ムスカの適応拡大
  • V2R標的の別薬
  • HIF阻害薬

 

が存在しており、

ムスカが成功したけど、

今後さらに力を入れて云々ってのは

無さそうです。

 

 

大塚製薬で総括すると、

中枢神経関係でなおかつ、

これまでの強みを活かせる疾患に対して、

低分子で攻めていってますね。

 

神経伝達物質の受容体、輸送体、

5HT2aR、D2R、V2R、µOR、CGRPR、SERT、DAT、

この辺りのタンパク質群に対して、

自社創薬

 

他の領域やバイオ医薬品は、

適宜業界の様子を見ながらって感じを受けました。

 

 

2.大日本住友製薬

 

日本製薬と、

住友化学の子会社が合併してできた

財閥系の製薬会社ですね。

 

この会社は何よりラツーダでしょうね。

 

この会社が公表している重点領域は

 

  • 精神神経領域
  • がん領域
  • 再生・細胞医薬

 

の3つと、

他がチラホラになっています。

 

 

・精神神経領域

 

この領域の主要製品としては、

 

 

あたりでしょうか。

 

標的分子としては

D2R、5HT2aR、5HT7R、SERT、Cav、Nav

あたりが確認できました。

 

いわゆる中枢研究のターゲットですよね。

 

特徴としては、

一剤で複数の分子に作用する、

マルチターゲットの医薬品が多いです。

 

中枢神経系というのは、

それぞれのシグナル伝達系が、

複雑に絡み合って出来ているので、

 

こういうよく分からない機序の医薬品が

臨床成績的には良いものが出てくるんですかね。

 

パイプラインを見ると

 

  • ラツーダの適応拡大
  • その他主要製品の適応拡大

 

といった感じに加えて

アーリーフェイズに色んな候補品があり、

 

この領域はどうにか維持しよう。

という気概が感じられる

パイプラインに見えました。

 

www.ds-pharma.co.jp HPより

 

バイオ医薬品とかは皆無で、

引き続き低分子医薬品で頑張るようです

 

 

・がん領域

 

この領域に主要な製品はないです

(ちゃんと調べてないけど多分)

 

同業他社と同じく、

成長著しいがん領域への参入を

目論んでここ数年色々やっていた

らしいですが、

 

どうやらまだまだ芽は出ていない模様

 

パイプラインを見ると、

 

 

と色々と存在しており、

標的分子や、アプローチとしても、

  • STAT3
  • NADH抗酸化酵素
  • CDK9
  • TLR-7
  • ALK受容体
  • ACVR-1
  • β-catenin(ここにもいた)

 

がんワクチン、細胞治療といったものが、

存在はしており、バラエティは豊か

メジャーな標的から新規の標的まで、

抑えてる感じがします

 

あとは、開発次第なので、

これが、続々と上市されてきたら、

ラツーダの特許切れで死んだ後も、

早々に復活できそうです。

 

 

・その他諸々の領域

 

まず、再生医療や細胞治療に関してですが、

まだまだ収益貢献はしておらず、

 

2023以降を目処に収益化を図ると、

大日本住友のHPでは発表がされています。

 

ただ、研究は進んでおり、

それらの医薬品の生産インフラ(SMaRT

も、着々と整っているようです。

 

 

パイプラインを確認すると、

 

  • RVT-802(小児先天性無胸腺症)

 

これは既に米国で申請がされており

FDAに一回却下されているようですが、

再申請準備中となっています。

 

他にも、

 

に対して

iPS細胞由来の、

神経細胞だったり上皮細胞の

臨床研究準備が進んでいます。

 

さて、どうなるでしょうかね。

 

 

あと一点、その他の領域で

とても気になったのが、

糖尿病領域です。

 

既に上市されているものが

 

  • トルリシティ(GLP1R作動薬)
  • エクア(DPP-4阻害)
  • エクメット(DPP-4阻害)
  • シュアポスト(SU薬)
  • メトグルコ(ビグアナイド系薬)

 

となっており、

開発品にも

Imegliminといった新規機序の薬剤

が入ってきています。

 

豊富なラインナップ

 

ですよね。

 

自社創出もあれば、

導入品もあり、

この分野で天下を取ってやろう感が

ひしひしと感じられます。

 

 

以上、

 

今回は

大塚製薬

大日本住友製薬について、

 

研究職を志望する就活生の視点で、

色々とまとめました。

 

 

会社によって、方向性なり、注力の仕方なり、

色々と違うと思うので、

もし、志望会社に迷っている人の参考になれば幸いです。

 

 

それでは

  

 

twitterもやっているので、宜しければフォローお願いします! 

mizuki@地方大バイオ博士 (@mizuki_pharma) | Twitter