地方大理系博士のブログ

書きたい事を書きます。飽きずに続いたら何か考えます

【武田・アステラス】内資製薬を重点領域・パイプラインで比べる

【武田・アステラス】内資製薬を重点領域・パイプラインで比べる

※2020年4月16日更新


こんばんわミヅキです。

 

 

今日は、個人的な興味で、

各社の重点領域について比べてみようと思います。

 

 

隅々まで詳しく解説している方も沢山おられるので、

僕としては、情報量というよりかは、

自分が思ったことなり、感想なりを、

素直に書いていきたいと思います。

 

今日は

武田薬品工業

アステラス製薬について

調べて、まとめていきます。

 

※本記事は、製薬会社の研究職を志望する博士学生からみた視点で、重点領域なりパイプラインなりを眺めて感想をまとめています。

 

 

それでは行きましょう!

 

目次

 

 

1.武田薬品工業

 

まずは国内企業(?)で売上高トップの、

タケダに関してです。

 

武田薬品の掲げている重点領域は

 

  • オンコロ
  • 消化器
  • ニューロサイエンス
  • 希少疾患

 

ということになっていますが、

実際どうなんでしょうか。

 

 

・がん領域

 

調べてみますと

がん領域での主力製品は、

 

  • ベルケイド(ボルテゾミブ)
  • ニンラーロ(イキサゾミブ)
  • リュープリン(リュープロレリン塩酸塩)
  • アドセトリス(ブレンツキシマブ+ベドチンADC)

 

あたりで、まあ、ちゃんとあるなという印象、、、

あと抗がん剤は低分子だけかと思いきや、

しれっとADCとかも持ってて、さすがな感じです。

第一三共エーザイだけじゃ無いんですね。

https://www.takeda.com/siteassets/jp/home/what-we-do/research--development/our-pipeline/qr2019_q3_pipeline_jp.pdf

武田薬品:研究開発パイプラインより

 

公表しているパイプラインも探っていくと、

がん領域だけでなんと10個以上

 

後期開発品の中にも

ADCが1つ入っているのですが、

あとはまだまだ低分子が多い印象です。

 

標的分子や作用機序の観点で眺めてみると、

 

  • がん免疫

CD30、CD38、PD-1

  • プロテアソーム阻害

NEDD8 activate enzyme、SUMO(あつい!)

  • 細胞増殖阻害

ALK、BCR-ABL、LH-RH、GCC

などなど、、

 

本当に幅広く何でも手を出してるようです。

 

アーリーフェイズの候補品には、

抗体医薬や細胞治療(CAR-Tなど)もありますね。

 

武田薬品くらいの規模になると、コンスタントに新薬出してく必要があるし、

リスクヘッジのためにも様々なアプローチで候補品を送り出すのでしょう。

 

全部当たれば儲けもんみたいな感じですかね??

 

 

・消化器系疾患領域 

 

 次に消化器系疾患領域では

 

  • エンティビオ(ベドリズマブ)
  • デクスラント(デクスランソプラゾール)
  • アミティーザ(ルビプロストン)
  • タケキャブ(ボノプラザン)

 

 等の、やはり武田薬品を牽引している医薬品が並びます。

エンティビオ以外は低分子となっているので、

特許切れがモロに影響してきそうな感じです。

 

パイプラインを見ると、

エンティビオの適応拡大や、

細胞治療、あとはペプチド製剤などが半数を占めており、

会社全体でバイオ医薬品へとシフトしているのがはっきり見て取れます。

 

 

・神経疾患領域、希少疾患領域

 

ニューロサイエンス領域では

リンテックス(ボルチオキセチン)うつ病治療薬

などが主要製品に挙げられていますが、

開発品を見ると多くが低分子化合物です。

ひとつ注目なのは、核酸医薬品が入ってきていますね。

本当に色んなモダリティに手を出しているのが分かります。

 

核酸とか細胞治療はまだまだ、

これからのモダリティだと思うので、

抗体医薬で乗り遅れた苦い思い出が、

武田薬品を突き動かしている感じですかね??

 

消化器疾患や、神経疾患で

標的分子にしているのも、

D2R、D3R、5HT4R、GLPR、GABAR、5HT1aR、5HT1bR、OR、GPR139など

様々なGPCR、あるいは各種イオンチャネルが存在してました。

 

 

希少疾患領域に関しては、

バイオ医薬品を中心に、

今後続々と医薬品が上市されてきそう

パイプラインが公開されていました。

 

武田薬品は、既に国内では研究職の新卒採用をしていませんが、

山口の光工場で行なっている、

バイオ医薬品等のプロセス研究だけは採用枠が健在です。

それも頷ける現在の研究状況だと思いました。

早くシャイアー買収の借金返せると良いですね。

 

 

 

2.アステラス製薬

 

お次は国内第2位、高利益経営のアステラス製薬です。

 

アステラス製薬が公表している重点領域としては

 

  • オンコロ
  • 泌尿器
  • 移植

 

等が挙げられていますが、

会社は重点領域や適応症にこだわらず

もっと自由なマインドで創薬する方針だと発表しています

 

bio.nikkeibp.co.jp 日経バイオテクより

 

合併前から強かった泌尿器により、

おしっこの会社などと馬鹿にされていたらしいですが、

ここ数年の研究開発の成果もあって、

立派ながんの製薬会社になりました。

まあ、僕は馬鹿にされていた時代を知りませんが。

 

 

・がん領域

 

まずがん領域についてみてみると

 

  • イクスタンジ
  • ゴナックス
  • エリガード:リュープリンの後発品
  • タルセバ

 

といった製品が並んでいます。

特にイクスタンジは言わずと知れたブロックバスターで、

ここ数年のアステラス製薬の屋台骨と言えますね。

 

ちょっとこれ以外の製品は僕あんまり知らないんですけど、

まあまあ売れていました。

 

モダリティで見ていくと、

低分子化合物中心となっておりますが、

後期開発品や候補品の中には、

ADCを含む抗体医薬品や、細胞治療、腫瘍溶解性ウイルスなどが、

名前を連ねています

 

www.astellas.com   アステラス製薬HPより

 

狙っている標的分子を見てみると、

アンドロゲン受容体や、GnRHR、EGFRなど、

細胞増殖阻害がベースになっているのかなという印象です。

 

その中にちらほらと免疫療法などもあります。

 

がん領域に限って言えば、

今後アーリーフェイズのバイオ医薬品が出てくることで、

さらに安定した経営状況になっていきそうです。

開発にポシャったら割と怪しいです。

既に国内では研究能力を縮小しているとの噂もビンビン流れてますし、

ADCからも撤退しましたし、(免疫療法にシフトするらしいですが)

そのうち武田みたいな経営を始めるのでしょうか。

 

 

・泌尿器領域

 

泌尿器領域の主要製品は

 

  • ベタニス
  • ベシケア
  • ハルナール

 

あたりになります。

どれも膜タンパク質を標的とした低分子化合物で、

アステラスを支えていた医薬品たちのようです。

 

それで、この泌尿器分野なんですが、

おそらくあんまり力を入れていないのかな??

って感じがします。

 

パイプライを見ても他の疾患と比べて明らかに候補品が少ないですし、

唯一目玉と言ったらHIF安定化剤のロキサディスタットぐらいでしょうか。

ノーベル賞にもなりましたしね。話題性の面でもバッチリです

 

 

・その他の領域

 

最後にその他の領域として

一括りにすると

 

  • プログラフ:免疫抑制
  • ミカルディス:血圧
  • セレコックス:鎮痛
  • イベニティ:骨粗鬆症
  • スーグラ:糖尿病
  • レパーサ:高コレステロール

 

あたりが出てきます。

本当に何でも作ったんだな、、、

という印象です。

 

基本的には低分子で攻めていて、

パイプラインを見てもバイオ医薬品はマイノリティになっていました。

 

その中にちらほらと、

再生医療、細胞治療、ワクチンが存在してます。

武田薬品と同じで、とりあえず可能な範囲で広く手を出す感じですかね。

 

 

それぞれの重点領域を見てきて、

1番の感想としては、「がん」

アステラス製薬オンコロの会社として、

今後の製薬業界を生き残っていこうとしているのが、

ビシビシと伝わってきます。

 

逆に他の領域は、何となく手を出してみて、

当たれば儲けもんって風に見えてしまいました。

 

アステラス製薬武田薬品と同じで、

既に国内で研究職を採用しておりません。

(DISCとかいうトンデモ採用はしていますが)

 

創薬技術職はいまだに採用枠があることからも、

武田に追随するのか??と思ってしまいます。

 

 

がん領域は、

外部からどんどんシーズを集めてきて、

バイオ医薬品のがん会社。

 

それ以外の領域は自社でほそぼそと研究を続けて、

目が出ればラッキー。

 

そんな風に見えました。

 

 

以上、

今回は武田薬品アステラス製薬に関して、

僕の興味の範囲で調べて、

僕の知識の範囲内で感想なりを述べていきました。

 

会社によって、方向性なり、注力の仕方なり、

色々と違うと思うので、

もし、志望会社に迷っている人の参考になれば幸いです。

 

 

 

それでは

 

 

 

twitterもやっているので、宜しければフォローお願いします! 

mizuki@地方大バイオ博士 (@mizuki_pharma) | Twitter