地方大理系博士のブログ

書きたい事を書きます。飽きずに続いたら何か考えます

【就職活動】バイオ系ラボの就職先:実例

【就職活動】バイオ系ラボの就職先:実例


こんばんわミヅキです。

 

 

今日はタイトルの通り、

バイオ系ラボの就職先について

身バレしない範囲で具体的に書いていきます。

 

ええ、

僕のラボは、

お世辞にもビッグラボとは言えない

地方大学の研究室です。

 

具体的な就職先について、

読んでいただいている

バイオ系学生を一応励ますつもりで、

まとめていきます。

 

 

就職先の具体例を見る前に

把握しておいて欲しい弊ラボの状況としては、

 

  • 地方国立大学
  • バイオ系ラボ
  • 同期が3人程度の規模感
  • D進する学生が数年に1人
  • Nat. Communあたりに論文がアクセプトされれば祭り

 

 

といった状況です。

自身の置かれている状況と重ねて、

勝手に親近感を感じていただいても結構ですし、

 

こんなラボもあるんだ、

と他人事でこの後の記事を読んでいただいても、

構いません。

 

 

僕が把握している限りの

ラボメンバーの進路を列挙していくと

以下のようになります。

 

※中堅、中小は、業界ごとの売上ランキングでなんとなく分けました

読む人に分かりやすい指標が欲しかったので記載してます。

他意はありません。

 

 

それではいきましょう!!

 ※身バレ防止のため学年等は前後してます

 

目次

 

 

 

厳格な代

  • A先輩:製薬企業(中小)
  • B先輩:D進→製薬企業(中堅)
  • C先輩:化学メーカー(中小)

B先輩とC先輩は解禁前から光の速さで就職を決めます。

特にB先輩はDですが、鬼の様に優秀な方でした。

A先輩は、7月くらいまで就活してたようです。

 

陽気な代

  • D先輩:診断薬メーカー(中小)
  • E先輩:消息不明
  • F先輩:鉄道会社(大手)

D先輩は就活解禁まで何もしてませんでしたが、

それでも4-5月には何社か内定を貰っていました。

E先輩は行方知れずです。元気でしょうか、、、

F先輩は趣味を生かしての全く関係のない職へつきました。

特に未練とかはなかった様子でした。

 

先輩の代

  • G先輩:製薬企業(中小)
  • H先輩:食品会社(大手)
  • I先輩:家電メーカー(中小)

H先輩は研究とか全然していない先輩でしたが、

要領よくやることはやる人だったので、

さっさと業界最大手の食品メーカーへと就職を決めました。

G先輩とI先輩は、就活解禁と同時にラボから消え、

5月ごろには戻ってきました。

 

同期

  • J:D進→製薬企業(大手)
  • K:製薬企業(中小)
  • L:D進→某研究機関(ポスドク

僕の代です。

1人は企業戦士となりました。

この子は非常に就活苦戦しており、

夏場までラボに帰ってこなかった記憶があります。

僕も3年遅れて企業戦士になります。

もう1人の同期もDで、アカデミア残留です。

 

後輩その1

  • M君:製薬企業(中堅)
  • N君:試薬メーカー(大手)
  • O君:食品会社(中堅)

N君、O君は堅実な就活を心がけており、

早め早めの内定劇でした。

M君は、製薬業界の就活が修士では

そんなに早くないこともあり、

6月まで就活してましたね。

それでも順調な就職活動です。

 

後輩その2 

  • P君:コンサル(中小)
  • Q君:IT企業(中小)
  • R君:D進

R君は晴れてDの意思を継ぐことを

決意されました。

P君、Q君は優秀な子でしたが、

研究者を卒業しました。

 

 

 

以上、僕が関わった人たちの

就職状況、進路になります。

 

まとめると、

直近6年で、

 

  • 製薬企業 6人
  • 化学系メーカー 3人
  • 食品メーカー 2人
  • 異分野 4人

 

となっています。

 

ほぼ毎年製薬会社に

就職が決まっていますが、

これ全部研究職です。

 

 

 

つまり地方国立大の弊ラボでも、

高望みさえしなければ、

製薬会社の研究職として、

採用されることが可能という事実です。

 

みんな違う会社に言っていますし、

OBやOGの様な都合の良い

存在も皆無です。

 

そんな弊ラボでも

これです。

 

 

まあ研究内容次第なので、

一括りにバイオ系ラボとも

言えませんが、

 

うちのラボは比較的

基礎研究よりの研究をしているので、 

就職に強いかといったらそうでもない

思います。

 

そんな弊ラボでも

これです。

 

 

バイオ系ラボに進み、

ネットのバイオ系悲惨説を、

目の当たりにし、

途方に暮れているそこのあなた。

 

安心してください、

ちゃんとやることやってれば、

どうとでもなります。

 

 

それでは

  

他の就活記事も興味があれば

覗いてみてください。

 

www.mizuki-pharma.com

www.mizuki-pharma.com

 

 

twitterもやっているので、宜しければフォローお願いします! 

mizuki@地方大バイオ博士 (@mizuki_pharma) | Twitter