地方大理系博士のブログ

書きたい事を書きます。飽きずに続いたら何か考えます

【アイドル】WACKなりの甲子園2020

こんにちはミヅキです。

 

先日WACKなりの甲子園2020に行ってきました。

僕は基本的にオーケストラ新規の清掃員(BiSHのファン)なので、

BiSHがモチベーションで行ってまいりました。

 

2019年はBiS3期だったりCARRY LOOSEだったり豆柴の大群だったり、

事務所としても大きく様変わりした年だったので、

正直客層とか想像もつかなくて恐る恐る参戦したんですけど、、

 

 

結論から言うとかなり大満足!!

まだ豆柴勢がそこまでいないってのが大きかったとは思いますが、

ひとまず例年通りの客層だったのではないでしょうか??

水曜のダウンタウンは個人的にはWACK全体への裾野が広がるだろうし大歓迎ですね。

 

今後のWACK全体でのイベントで豆柴新規と古参とで荒れそうなのは容易に予想できますが笑

 

さて本編の出来はというと

優勝 EMPiRE

次点 ギャンパレ、BiSH

といった所でしょうか。

 

最近EMPiREも真面目に聴き始めているのですが、

生の迫力とパフォーマンスの完成度が桁違いで終始鳥肌ものでした。

 

あと邦ロックピーポー的な盛り上がり方をするWACKグループの中にあって

EMPiREは更に一段とその傾向が強くなってきたのが強い印象でしたね。

今年はチケット外れてしまって2階から眺めていたのですが、

フロアではモッシュ、水撒きが普通に発生してました。

 

今の所禁止されているのはリフト、ダイブだけですけど、そのうちモッシュや水撒きも何らかの形で制限させれていくいかもしれません。

モッシュやダイブなんかはメロコア、メタルあたりのライブでは日常茶飯事ですが、

WACKグループのライブでリフト、ダイブが禁止された経緯を考えると、激しいモッシュや水撒きの禁止も普通にありそうです。

 

特にHave it my way ではアイドルの範疇を超えた湧き方をしていたので、

この傾向が続くと、せっかく取り込んだ「女性アイドルオタクの女の子」の層を逃してしまいそうです。

 

 

ただまあ今回のWACK甲子園の参加グループの中でMVPと言って差し支えない完成度だったことは間違い無いので、このまま上り調子でBiSH、GANG PARADEに続いて動員を増やしていってほしいですね。

 

1/5のZEPPリベンジワンマンが楽しみです!!

 

 

ギャンパレ、BiSHは貫禄たっぷりでシンプルに楽しんできました。

楽曲単品で言ったら、やはり、Plastic 2 mercyとかBiSH-星が瞬く夜に-、beautifulさ、あたりは圧巻でした!

 

他のグループとしては

BiSのトギーが思ったよりも推せそうだったこと、

やはりパンちゃんは神のごとき可愛さだったことと、

ナアユには早く正規のグループに所属してほしいことが確認された日でした。

 

それでは